フローリング補修の手順とは

フローリングのキズやへこみなどは、日常生活のちょっとした弾みで出来てしまうため、小さなキズを修繕せずに放置している場合も多いはずです。

しかし小さなキズでも、水をこぼしたり何かを引っ掛ける事でキズが周囲まで広がり、結果的フローリング補修を専用業者に依頼する必要が出て来る可能性もゼロではありません。フローリングの修繕はホームセンターなどで購入できる専用キットを使えば、誰でも手軽に補修可能です。

札幌のフローリング補修の情報サイトを利用して良かった。

修繕の流れは、キズや穴を埋める前に周囲のバリを取り除いて平らにします。
マスキングテープが自宅にあれば、キズ周辺に貼って保護しておくと後の作業が楽になります。


無い場合は無理に行わなくても構いません。

小さめのキズは補修剤で埋めますが、大きな穴の場合はパテを使ってキズを埋めます。

あなたに合った条件でYahoo!ニュースについて知りたいならこのサイトです。

パテを利用した場合、完全に固まるので1日程度時間を置き、固まったらサンドペーパーを使って平らに馴染ませます。



キズが塞がった後は、フローリング等に使える修繕用のクレヨンを使って木目を書き足すと、より自然な見た目に仕上がります。


また、こすれなどの細かいキズはクレヨンを塗りこむだけで目立たなくなります。
他にも小さなキズを目立たなくする道具としては、クレヨンで消すのが難しいこすれにも使えるリペアマーカーが販売されています。


フローリングの色ツヤを復元させるコートを使えば、表面自体を明るくツヤ出しを行う事で細かいキズを目立たなくする効果もあります。